最新ニュース

光老化に注目したエビーゼヒカリエイジングから特許成分配合のウォーターコロイドジェルクリームが新登場

更新日:

エビーゼ ヒカリエイジングウォーター コロイドジェルクリーム画像

光老化、まだ聞きなれない言葉かもしれませんが、私たちは日々近赤外線による「光老化」の影響を受けています。

そんな、光老化対策に注目した商品開発を行っている株式会社エビーゼから、2018年11月15日(木)にエビーゼヒカリエイジング ウォーターコロイドジェルクリームが新発売。

特許成分のほか、植物幹細胞を配合したトータルエイジングケアクリームです。

こちらの記事では、光老化のメカニズムのほか、新商品のニュースリリース情報をご紹介していきます。

※乾燥・キメの乱れ・ハリ不足などに対する年齢に応じたスキンケア

監修者のプロフィール画像

この記事を書いたのは…

R.いづみ

日本化粧品検定1級 コスメコンシェルジュ 編集者・ライター

1974年生まれ。大手フリーペーパー編集部、編集プロダクション勤務、美容サロンの企画アドバイザーを経て、女性向け情報誌や全国誌にてコスメ紹介記事やタイアップ記事などを多数手掛けた経験あり。仕事と趣味が高じて美容にも深く傾倒している自称美容オタク。2娘の母。

光老化とは?

光老化について初めて耳にする方も多いと思います。まずはそれがいったい何かについてをわかりやすく解説していきますね。

光老化の原因「近赤外線(NIR)」ってなに?

光老化は紫外線と同じように、太陽光線で起こる老化のひとつ。

皆さんは紫外線による日焼けなどのダメージについてはある程度ご存知でしょう。

でも、紫外線以外にまだ老化の脅威となるものがあるのです。

太陽光線には紫外線以外に近赤外線もあり、なんと太陽光線の50%以上を占めています。

この近赤外線は電子レンジなどで使われるマイクロ波に近く、真皮より深い筋組織まで皮膚を透過してしまうといわれています。

近赤外線と紫外線のイメージ図

画像:株式会社ドクターエビーゼHP

上の図を見ても、紫外線よりも深い皮膚を透過しているのがわかりますね。

紫外線対策はもはや世の中の常識ですが、この近赤外線による影響については今まで研究や対策があまりされていませんでした。

現在はこの近赤外線についていろいろな研究が進められています。

光老化が起こるとどうなるの?

株式会社エビーゼのHPによると、近赤外線について次のような記述があります。

近赤外線(NIR) 近赤外線は、真皮から皮下組織、筋組織まで皮膚透過し、これらの組織を加熱することで、崩壊、壊死させる。
引用:株式会社ドクターエビーゼHP

先ほど、近赤外線は電子レンジの波長に近いと述べましたが、電子レンジの波長は極性分子に振動を与え、互いに衝突させあうことで加熱する仕組みになっています。

極性分子とは?

分子はプラス極とマイナス極とで結合してなりたっていますが、プラスとマイナスが均等ではなくプラス寄りかマイナス寄り、というように電極に偏りがある分子のこと。

そして、私たちの体内、特にお肌の真皮にあるコラーゲンや体液、血液、脂肪組織などは極性の偏りが高い特徴があります。

つまり、お肌の真皮の組織は極性が高いので近赤外線の波長を吸収しやすい=ダメージを受けやすいのではないかという研究が進められているのです。

近赤外線と遠赤外線の違い

近紫外線の光老化についてまとめましたが、ここで近赤外線と遠赤外線との違いって何だろう?という疑問がわきませんか?

近赤外線と遠赤外線の違いは、波長の長さです。

・近赤外線は波長が短い(0.78μm-1.5μm)

・遠赤外線は波長が長い(3.0μm~1mm)

赤外線のイラスト

地球上に広く分布し、動植物に不可欠な水の分子振動波長であるものが赤外線

私たちの身の回りにある多くの物質は、遠赤外域の電磁波をよく吸収します。セラミックスヒータから放射される遠赤外線が、加熱・乾燥源として広く利用されているのはこのためです。

ちなみに、私たちの体からも遠赤外線は放出されています。

つまり「近赤外線」は体へのダメージの恐れがあり、「遠赤外線」については特別害のないものといえます。

エビデンス文献・サイト

ウォーターコロイドジェルクリームとは?

光老化の原因の一つ「近赤外線」。その光老化対策に着目したウォーターコロイドジェルクリームの具体的な機能について紹介します。

光老化へアプローチする特許成分を配合

特許イメージ

※画像はイメージです

ウォーターコロイドジェルクリームには、光老化をはじめとしたさまざまな刺激から皮膚や皮下組織を保護したり修復する特許成分が配合されています。

特許を取得したのは独自で開発した近赤外線遮断剤『ヒカリへリックス®(生体組織用薬剤)』

※【生体組織用薬剤】特許第6001840号

体の外から受けるものと中から生じる刺激をダブルでプロテクトしてくれます。

近赤外線電磁波放射線などの外的刺激

・体の組織内で生み出される活性酸素炎症原因物質などの内的刺激

この特許成分は老化防止、若返り、キズの治癒を促進などにも期待できるもので、副作用が少なくて長期間安心して使用できる成分です。

浸透性も高いため、お肌にハリをを与え、角質層まで潤いをしっかり届けます。

植物幹細胞「リンゴ果実培養エキス」が肌トラブルをサポート

リンゴイメージ

※画像はイメージです

植物由来の幹細胞培養エキス「リンゴ果実培養エキス」配合

世界にわずか20本しかないスイスの老化しないリンゴの木「ウトビラー・スパトラウバー」の活性成分を培養してカプセル化されています。

肌細胞に働きかけ、幹細胞の働きをサポート。内側から弾むようなハリ感と、輝くようなクリアな肌へと導きます。

乾燥・キメの乱れ・ハリ不足を改善する年齢に応じたスキンケア成分

アンチエイジングイメージ

※画像はイメージです

ウォーターコロイドジェルクリームには加齢により蓄積したプロジェリンをリセットするトリフルオロアセチルトリペプチド-2が配合されています。

他にも、美容成分が浸透することで繊維芽細胞コラーゲン、セラミド、エラスチン、ヒアルロン酸の合成を促進。

また同時にお肌を老化させるコラゲナーゼやエラスターゼなどの分解酵素も抑制し、ハリやシワの改善が期待できます。

多くの新配合美容成分を配合

美容成分イメージ

※画像はイメージです

ウォーターコロイドジェルクリームにはまだまだ機能性の高い新成分が配合されています。

成分名 効果
アルテミアエキス 肌細胞に活力を与え、環境ストレスから肌を守り、皮膚の修復効果を高めます。タンパク合成を促進し、DNAを保護します。
アデノシン三リン酸(ATP) 筋肉の収縮活動・伸展活動においてエネルギーを供給する成分です。
ATPを配合することで、肌本来の潤う力に働きかけ、付けた瞬間から引き締まるハリ感が実感できるクリームです。
ビタミンC誘導多(テトラヘキシルデカン酸アスコルビル) 抗酸化作用美白効果。
オウゴン根エキス コラーゲンの分解につながるシグナルを抑制し、紫外線・近赤外線、大気汚染による肌ダメージを防ぎます。SOD様作用、抗炎症作用、美白作用など。
ユキノシタエキス 紫外線・近赤外線によってもたらせるDNA傷害の修復を促進し、細胞の突然変異を防ぐ作用があります。
ヒメフウロエキス 炎症や光老化の原因となるトリプターゼを抑制し、シワのできにくい肌になり、ハリや弾力のある肌へ導き、アンチエイジング効果のある成分です。
コエンザイムQ10(ユビキノン)*補酵素 コラーゲンを作りだし、細胞を活性化させる美肌効果があります。

※引用:「株式会社ドクターエビーゼ」@プレス

特許成分のほかにも細胞の活性化をサポートする成分を配合することで相乗効果を発揮。お肌の老化にアプローチしてハリや潤いのある肌へ導きます。

カモミールのチカラで、肌も心もリラックス

カモミールのイメージ

カモミール精油の自然な香りでお手入れタイムもリラックス。

カモミールには炎症や肌荒れを鎮める働きも期待できます。

※画像はイメージです

無着色・無鉱物油・アルコールフリー

無香料のイメージ

お肌のことを考えて、なるべく余計な成分を排除。

・無着色

・無鉱物油

・アルコールフリー

・紫外線吸収剤フリー 

と4つのフリーもうれしいところ。

※画像はイメージです

ウォーターコロイドジェルクリームの商品概要

エビーゼ ヒカリエイジングウォーター コロイドジェルクリーム画像ウォーターコロイドジェルクリームの特徴は下記の通り。

●光線から肌を保護・ケア
●乾燥・酸化・糖化ケア
●整肌

独自開発の近赤外線カット剤植物幹細胞培養エキスなど、新しい美容成分が配合された、オールインワンタイプで手軽に光老化&エイジングケアができる一品です。

※乾燥・キメの乱れ・ハリ不足などに対する年齢に応じたスキンケア

商品名 ウォーターコロイドジェルクリーム
内容量 80g
価格 ¥15,000(税抜)
香り・テクスチャ カモミールの自然な香り・サラッと軽い感触のオールインワンタイプのクリーム
メーカーサイト 株式会社ドクターエビーゼ

※引用:「株式会社ドクターエビーゼ」@プレス

ウォーターコロイドジェルクリームの使い方は?

美容液などを使用後、手のひらに適量(お顔全体の場合パール1粒大)をとってお顔・お肌全体にいきわたるようになじませます。

パール一粒大のイメージ

SPF13 PA++なのでUV効果も。日中用のオールインワンの化粧下地としても使えます。

ウォーターコロイドジェルクリームの全成分について

エビーゼ ヒカリエイジング ウォーターコロイドジェルクリームには以下の成分が含まれています。

エビーゼ ヒカリエイジングウォーター コロイドジェルクリーム画像

 

【全成分】水、パルミチン酸エチルヘキシル、スクワラン、酸化チタン、トリエチルヘキサノイン、ペンチレングリコール、ステアリン酸ソルビタン(小麦由来)、メタクリル酸メチルクロスポリマー、BG、グリセリン、ホホバ種子油、 クランベアビシニカ種子油、ケラチン、加水分解エラスチン、アデノシン三リン酸、プロリン、トリフルオロアセルトリペプチド-2、デキストラン、レシチン、オウゴン根エキス、ユキノシタエキス、リンゴ果実培養細胞エキス、セラミドAP、セラミドNP、加水分解コラーゲン、ヒメフウロエキス、グリシン、PEG-60水添ヒマシ油(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10-30))、クロスポリマー、ユビキノン、クエン酸Na、テトラヘキシルデカン酸アスコルビル、ヒアルロン酸Na、酢酸トコフェロール、グリチルレチン酸ステアリル、ポリソルベート60、クエン酸、ヤシ脂肪酸スクロース、キサンタンガム、メチコン、ポリヒドロキシステアリン酸、フェノキシエタノール、シア脂、イソステアリン酸PEG-60グリセリル、ベヘニルアルコール、(アクリル酸ヒドロキシエチル/アクリロイルジメチルタウリンNa)コポリマー、ジカプリン酸ネオペンチルグリコール、カミツレ花油、グルコシルセラミド、α-グルカン、水酸化AI、インステアリン酸、デキストリン、アルテミアエキス

出典:株式会社ドクターエビーゼHP

無着色・無鉱物油・アルコールフリー ・紫外線吸収剤フリーで肌へのやさしさを考えた処方です。

敏感肌の方は成分をしっかりチェックし、使用前にはパッチテストを行いましょう。

ウォーターコロイドジェルクリームはどこで購入できる?

エビーゼヒカリエイジング ウォーターコロイドジェルクリームの購入は、Amazonやオンラインサイト「Dr.エビーゼ」などから購入可能です。

また、福岡三越 オペレッタラシック 福岡天神 B1でも取り扱いも。
※店舗購入の際は事前に在庫状況の確認をおすすめします。

関連記事

-最新ニュース
-, , , , , ,

Copyright© ヒトカン , 2019 All Rights Reserved.