韓国のヒトカンコスメ事情

ヒト幹細胞辞典 培養液(化粧品)

韓国製のヒト幹細胞化粧品事情!市場動向や安全性、人気商品まで調査してみた!

更新日:

近年話題となっているヒト幹細胞コスメ

幹細胞というワードは、再生医療関連のニュースなどで耳にしたことがある方も多いのではないでしょうか? ES細胞やiPS細胞、真偽は闇の中ですが騒動となったSTAP細胞も幹細胞です。

ヒト幹細胞コスメとは幹細胞が入っているのではなく、幹細胞を培養するヒト幹細胞培養液が含まれた化粧品のことです。

ヒト幹細胞細胞培養液には、元気がなくなった細胞を活性化する働きを持つことから、老化した肌も元気になるのでは?と、エイジングケアの革命的成分として、世界から注目されています。

さらに詳しく

 

世界的に注目度の高いヒト幹細胞コスメですが、日本ではまだなじみが薄く、現在販売されている国産のヒト幹細胞コスメの数も少ないのが現状です。

では、美容大国・韓国ではどうなのでしょうか?

今回は、韓国のヒト幹細胞コスメの現状について調べてみました。

 

韓国でのヒト幹細胞コスメの人気は?

韓国は幹細胞研究の先進国

世界に先駆けて幹細胞研究に取り組んできた韓国

じつは韓国は、幹細胞研究の先駆者的存在。

幹細胞と言えば、2012年「iPS細胞」でノーベル賞を受賞した山中伸弥教授が有名ですが、韓国でも、2000年度の初めから幹細胞に目を付けて、世界に先駆けて盛んに研究が行われてきました。

韓国で、ヒト幹細胞コスメが商品として登場したのは、およそ10年ほど前

世界初のヒト幹細胞コスメの商品は2008年にフランスで登場しましたが、それに追随する形で韓国からも発売を開始。今では、韓国のヒト幹細胞コスメは現在では約1000億円規模の市場、急速に成長をとげています。

ヒト幹細胞コスメ、韓国での人気は?

韓国コスメのヒト幹細胞コスメの流行について

前述の約1000億円規模の市場、という数字からもわかるように、ヒト幹細胞コスメは韓国でかなり浸透しているといってもいいでしょう。

ヒト幹細胞化粧品の販売は、世界的に有名な家電メーカーLGの系列会社や大手化粧品メーカーも参入し多くの商品を生み出しています。

韓国コスメではどのぐらいヒト幹細胞コスメが浸透しているか実際、現地に行ったことのあるコスメ好きさんや、韓国コスメ通の方に話を聞いてみるとこんな話が…。

  • 左

    幹細胞コスメはかなりの数ありますよ!ヒト由来以外にも、植物由来もあってとっても人気です!

  • 右

    ヒト由来成分が1%しか入ってなくてもヒト幹細胞入り!って宣伝して販売したりしてます。成分が少しだけでお手軽に楽しめる顔パックなどは500円ぐらいから。含有率も高い高級クリームは2~5万円するものも

お手軽な顔パックなどが流通してるなんてさずが美容大国・韓国! リアルなお話が聞けました。

ちなみに日本ではそもそも「生物由来」の原料の基準が厳しく、また倫理的な問題もあり、なかなか市場でヒト幹細胞コスメが出回ることが少なかったのが現状です。

それでもやっと、2017年に日本国内でヒト由来の幹細胞コスメが新発売されましたので、今後どのような展開になるか楽しみです。

 

韓国ではヒト幹細胞培養液化粧品の安全性はどのように担保されている?

韓国の化粧品の安全基準は

美容大国・韓国ではヒト幹細胞培養液入りのコスメがたくさん出回っているとお伝えしましたが、たくさん販売されているから規制がまったくない!というわけではありません。

韓国の厚生労働省にあたるKFDAからのガイドラインに沿ってヒト幹細胞コスメは製造販売されています。

KFDAのガイドラインを一部抜粋すると以下のような内容です。

KFDAガイドライン(一部抜粋)

  • 優秀医薬品製造基準(GMP)に準ずる無菌検査が可能な清浄レベルを維持できる製造施設を保有する企業に限り許可基準を与える
  • 幹細胞組織採取の年月日、検査結果、識別番号などの記録と保存の義務
  • バッジや添加成分等の製造物質の安全資料を確保のうえ、培養液の安全性評価資料の作成保管項目を準備し、毒性試験資料、肌と眼粘膜刺激試験資料、遺伝毒性試験資料、肌異常反応を評価する「人体」試験資料の作成および保管の義務
  • 培養液の品質確保の恒常性のための製造番号別の無菌試験、ウイルス感染可否、純度等に対する検査を実施

製造環境および製造過程についも厳しい安全基準が設けられています。

また幹細胞のドナーについても安全基準が。

幹細胞のドナーについての安全基準

B型肝炎、エイズ、C型肝炎をはじめとするウイルス5種を持っていない人に限定する

幹細胞浸透液がもつ機能が高くて人気があるとはいえ、ヒトの細胞を取り扱うわけですから、厳しい安全基準や規制が設けられているのは当然かもしれません。

でも厳しいガイドラインのおかげで、私たち消費者は安全してお買い物を楽しめるのですから、ありがたいですよね。

エビデンス文献・サイト

韓国製のヒト幹細胞培養液化粧品の売れ筋の商品は?

ここでは、さまざまある韓国製ヒト幹細胞コスメの中でも人気のある商品についてご紹介いたします。

ザ・ファースト セル エッセンシャルソース/O HUI(オフィ)

人気の韓国コスメブランドオフィからヒト幹細胞コスメが
オススメ度
内容量 120mL
濃度 肌の栄養成分が豊富なセルソースTMが90%以上も含まれたウォータータイプの美容液
価格 ¥12,500
特徴 LG生活健康から製造販売されているヒト幹細胞コスメ。

プレステージ セル コンセントレイテッド クリーム/It's Skin(イッツスキン)

ヒト幹細胞コスメの韓国コスメ。人気のイッツスキンから登場
オススメ度
内容量 60mL
濃度 人体細胞組織培養液(600mg)配合
価格 ¥10,938
特徴 ヒト幹細胞のほか、ミカン由来のペプチドも配合。高い保湿力で肌に弾力感をプラス

ルビーセル 4U アンプル

ルビーセルはヒト幹細胞コスメ。韓国発
オススメ度
内容量 5mL×18本(1本約2日分)
濃度 ヒト幹細胞培養液 5%
価格 ¥50,600
特徴 人体脂肪からの細胞培養液とさまざまなペプチド、カタツムリ粘液発酵ろ過物を配合

※商品価格は2018年11月9日現在のものです。

ここでは韓国の大手化粧品会社の製品や、日本で販売ルートのあるヒト幹細胞コスメをご紹介させていただきました。

実際はさまざまな価格帯のものや気軽に試せるヒト幹細胞コスメもありますので、ぜひチェックしてみてくださいね!

日本のヒト幹細胞培養液化粧品と比べてどんな違いがある?

韓国のヒト幹細胞コスメの安全性は?

韓国製のヒト幹細胞コスメと日本製との違いは、製造販売を規制しているのが、韓国ならKFDA、日本なら厚生労働省であり、それぞれのガイドラインの違いはあるものの、製品自体の価格や品質はさほど変わらないのではという印象です。

ただ、バイオ的な観点の話になりますが、原料である幹細胞培養液の原料に違いがあるようです。

韓国と日本の幹細胞培養液の違い

韓国では皮下脂肪組織から抽出した「脂肪幹細胞培養液」が主流

日本では神経細胞から抽出した「神経幹細胞培養液」が増加傾向

とはいえ、日本で「神経幹細胞培養液」が開発されたのは2016~2017年と最近の話。現在も韓国の「脂肪幹細胞培養液」を原料に日本で製造されているヒト幹細胞コスメが多く販売されています。

また現時点では「脂肪幹細胞培養液」と「神経幹細胞培養液」の性質や役割に大きな違いはないとのことなので、とってもディープな2国間の違いとなりますが、ちょっとした話のタネにぜひ覚えておいてください 笑。

エビデンス文献・サイト

●「細胞美人-究極の美を手に入れるー」宇山恵子著/幻冬舎/2015年

韓国のヒト幹細胞培養液化粧品は日本で購入できる?入手方法は?

韓国コスメはネットショッピングで入手可能

韓国のヒト幹細胞コスメ、ちょっと気になりますよね…。

上記の商品を入手したい♪という方、インターネット上のショッピングサイトで入手が可能です。

公式サイトはもちろんですが、日本国内にある化粧品などの輸入販売業者がAmazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングやヤフオク、メルカリなどで販売しています。

ただしネットショッピングでのお買い物は下記に注意。

ネットショッピングに際しての注意点

・商品は新品か中古品

偽造品の疑いはないか。販売元は信頼できるかどうか

・商品価格が定価と比べて高価もしくは安価すぎないか

配送料はどのぐらいの金額なのか

購入する際に、よくチェックして販売元の信頼性や安全性を検討してみましょう

 

韓国のヒト幹細胞培養液化粧品のメリット・デメリットは?

韓国のヒト幹細胞コスメのメリットデメリットとは

美容先進国・韓国のヒト幹細胞コスメについてのメリットデメリットをまとめてみました。

韓国製ヒト幹細胞コスメのメリット


・ヒト幹細胞コスメの商品が豊富。気軽に楽しめる価格帯のものも

・KFDAの厳しいガイドラインの元製造販売されている

韓国製ヒト幹細胞コスメのデメリット

・基本的にはネットショッピング経由で手に入れる形になるので、輸入販売元の信頼性を確認しなければならない。偽造品には気を付けて

・韓国と日本の安全基準の違いがあるため、輸入業者の知識不足で日本の安全基準に満たないものが流通している問題もある

韓国製も日本製も魅力的ではあるものの、国の基準の違いや手に入りにくさなどデメリットも。

よく考慮したうえで、購入を検討しましょう。

まとめ

韓国製のヒト幹細胞浸透液入り化粧品について、さまざまな角度からお届けしましたが、いかがでしたでしょうか?

やはりさすが美容大国・韓国。ヒト幹細胞コスメに関しては一歩リードされている印象ですよね。

ここで今回の記事のポイントを簡単にまとめてみます。

ココがポイント

・韓国では2008年頃からヒト幹細胞コスメが流通。市場規模は1000億円!

・幹細胞浸透液が1%含有のものから30%以上のものまでさまざま。また価格帯も幅広い

・幹細胞浸透液の安全基準は厳しく設定。ドナーはウイルス5種感染がない方を選出

・幹細胞浸透液の原料は主に皮下脂肪から抽出した「脂肪幹細胞浸透液」が主流

・韓国製のヒト幹細胞コスメを手に入れるのはネットショッピングが主流のため、偽造品に注意が必要

・ガイドラインの違いのため、安全性が100%保証しにくい商品も流通している場合も

韓国製のデメリットもありますが、そこは注意しつつ、ぜひお好みのヒト幹細胞浸透液化粧品を手に入れて、幹細胞の実力を試してみてくださいね!

さらに詳しく

関連記事

-ヒト幹細胞辞典, 培養液(化粧品)
-, , , , , ,

Copyright© ヒトカン , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.